川上ゆう M男を24時間寸止め地獄がエロすぎ。

川上ゆう(かわかみ ゆう)さんは2004年に『近親白書 母親失格』の

マドンナ役にて紫彩乃の娘役・森野雫として公式デビューされました。

この時から可愛いですね。(左側)

 

川上ゆうプロフィール

川上ゆう(かわかみゆう)さん
2004年11月15日に「近親白書 母親失格」でAVデビューした。2004年から2007年春まで森野雫として活動していた。2007年9月1日の「悦虐団地妻」を最後に川上ゆうに改名した。
生年月日 1982年03月03日
血液型 B型
出身地 東京都
スリーサイズ B83 W59 H83
身長 150cm
情報
アダルト作品のパッケージを見て「可愛いな」と思って
実際動画見たら「あれ、写真とちがう」という裏切られたり
しますが、川上ゆう姉さんはTwitterでも綺麗な人ですね。
作品自体も魅力的だし、演技も素晴らしいです。
川上ゆう姉さんのTwitterです。
初めて情報観ましたが、可愛いです。

 

今回のおすすめ作品

題名の通り「寸止め地獄」です。

川上ゆう姉さんと言えば、SM女王のイメージが強いですが、

ぼくとしては
あのいやらしい声で囁かれる淫語が大好きです。
どちらかというと、怖いイメージのSM女王というよりも

優しく癒やされる感じに魅力を感じる女優さんですね。
このシリーズは最終回みたいですが、24時間無制限寸止めという

タイトルもやばいですが、一番はゆう姉さんの竿を24時間もシコシコとやられ続けられて射精を我慢させるという拷問です。あのイヤらしい声で「絶対ダメ。出すな!」何回も何回もチ●コを牛の乳搾りみたいに搾られてしまいます。こんなことが24時間も続けば誰でも気絶しますよ。。。初めは気軽に観てましたが、後半は男優さんが辛そうで可哀想でした。

作品画像

もう獲物を狩る目です。ちょっと怖いですね。

乳首責めでじらされています。。

さあチ●コがさらけ出されて、しごきが始まります。ここまではまだ序盤です。

この体制は明らかに牛の乳搾り状態です。淫語で責められるので

ホントアソコが辛いです。

片手でもいきそうなのに両手で包み込むようにグチュグチュされてます

まだまだ乳搾りが続きます。。。

もう、ファラチオと合わせ技でやられまくりです。男性はもう耐えfられませんが、姉さんから射精はダメ!と叱られます。

得意の「口ま●こ」でいかせられます。

 

ユーザーレビュー

川上ゆうの世界観をお楽しみあれ
suteruyo123さん

評価: 5.0

川上ゆうによる言葉責めがたっぷり楽しめる作品。 通常の作品と違い、寸止めの時間がことごとく長く、本格的な雰囲気を味わえます。 ひたすら男優の目を見て手コキする姿は圧巻です。 寸止め地獄の名に恥じず、M男には堪らない空間が、ここにあります。

最高!
アビデイさん

評価: 5.0

このシリーズで1番良かった。女優が良いから当たり前だけど、それでも他の女優と同じセリフを言ってもこの女優が言うだけで全然違うし、1つ1つの表情がめちゃ良かった。特に責めてるシーンでもないのに抜けるし、早送りするところがないくらいにずっと見てられる。化粧とか肌艶の感じも良くてかなりの傑作だったと思う。

オールラウンドプレイヤー
schwarzundrot
さん

評価: 5.0

川上ゆうさん、まさにオールラウンドプレイヤーです。本格SM作品のM女(というより「マゾ雌犬」)ぶりも圧巻ながら、女王様、痴女と、どのポジションもこなせます。手コキの寸止めというと、痴女プレイかなと思いきや、完全に女王様になっています。表情や言葉がそうさせているのでしょう。

サンプル動画

 

 

 

まとめ

M気質があるあなたであれば、川上ゆう姉さんのファンになるのは間違いないでしょう。ぼくがこの十数年エロ動画を数千本観てきた中でも最高の女優さんで作品もM男が満たされること間違いなしです。