banner

8月, 2011年

牛窓ナチュラルキャンプ

2011-08-26

岡山に行きま〜す!

今回のイベントは

牛窓ナチュラルキャンプ

【場所】牛窓オリーブ園(岡山県 牛窓)

【時間】open 13:00 / start 14:00(17:00〜出演予定)

【チャージ】前売り 3000円 / 当日 3500円(2日券 前売り 4000円)

【出演】三宅伸治 JinnyOops! ORBIT 伊集院貞敏
keta ra 持田桐 TommyBoogie iyco and more…

 海と島とオリーブと
 牛窓の自然を自然体で楽しむ2日間!
 ライヴ、フード、マーケット、ワークショップなど、
 一緒にナチュラルに楽しみましょう!

※チケットは、ご連絡いただいたら手配出来るので、
ぜひメールにてご連絡下さい!!

◆チケットのお取置き・ご予約は、コチラ → お問合せ

アフリカンジャパニーズポップス①

2011-08-24

※ヘタな文章だけど見てね☆

アフリカに行った事もないのに、
アフリカ音楽を表現するなんて、かなり難しいコト。

それに、
あのグルーヴに、あの言葉の乗せ方。
あの勢いに、あのスケールのデカさ。

日本で育って、日本が好きで、
田舎で育って小さな自然しか知らない私が、
アフリカンなんて表現しようと思ったら、
そりゃあ、悪い意味で可愛らしいもんでしょう。

(ちなみに『アフリカン・シクリッド』って曲を作ってるけど
 あれは魚の種類の名前です☆
 アフリカへの思いとかじゃありません。。。)

ただね、
小さい頃から何故か民族系に憧れてたの。

それがどこの国か分からなかったけど
とにかく好きだったの。

小さい頃、ウチにはたくさんの絵本があって、
それがほとんど、外国のお話でした。きっとその影響もあるかもね。

 
 

他にもたくさんあったんだけど、
題名を覚えてるのがコレくらい。。。

小さな頃の私も、
肌の黒い絵が好きでした。

絵のタッチも、
不気味美しいという感じが好きっぽかったな~。
力強さの中に哀しさを感じる。

歌はというと、
アフリカンが好きと自覚したのはつい最近の話で、
ネットに手を出してから、イロイロと情報を得たものなんです。
ネットがうちに来たのもつい最近の話。

それまでは民族音楽の種類や境目もわからず、
高校時代はインドネシア語を勉強してた時期もありました。

そうそう、昔やってたテレビ番組、
ワーズワースの冒険のテーマソング『シャリオン』

これが大好きで、
中学生の私はずっとこの曲を練習しておりました。
完全にルーツになってます。

YouTubeで久しぶりに聴いたけど、
やっぱりイイ曲や~♪

アイリッシュになるのかな?
造語ならではの雰囲気にはまり込んでいました。
中学生の頃は、これは賛美歌やと思い込んで、
賛美歌やゴスペルもイロイロ聴いたな~。
近いものが見つけられなかったのはそういうコト(笑)

アフリカンは、
ダンスをやってた時期から辿って行くと、

ヒップホップにはまって、
そこからレゲエを好きになって、
ダンスホールよりも、ルーツロックのちょっとイナタイ感じのものに惹かれ、
そしてたどり着きました。
ジャケ買いした『ザップママ』、そして『チウォニーソ』に衝撃を受けてから、
私のコンセプトは出来上がりました。

アフリカンと和の融合

コレを芯におこうと思ったわけです。

アフリカンジャパニーズポップス②

2011-08-24

生活の中に音楽があるっていう、
当たり前だけど、今はあまりない風景が、
アフリカにはたくさんあるの。

ご飯を作る歌がある。
稲刈りする歌がある。
つまり作業歌。

すごく共通点を感じるのです。

アフリカの布と、

 

和服の布。

これにも感じるし、

エルボレ族やカロ族などが有名なボディーペイントと、

 

隈取り。

浮世絵と、

  

ティンガティンガ。

  

元々は中国の伝統みたいだけど、切り絵も、

なんかゾクゾクしちゃうよね~♪

ものすごいスピードで日本は便利になっていったけど、
私は、ばあちゃんちのおかげでイロイロ昔を知ってる。

ボットン便所だったし、
牧で沸かす風呂に入ってたし、
ばあちゃんの畑で取れた野菜で生活してたの。

いっぱい土に触れて、
虫やカエルやトカゲと遊んで、
常に遊び歌を歌ってた。

草むしりも手伝ったし、
種蒔きもした。
収穫だってした。

大家族だったから、
家も広いし、ご飯が出来た合図は音を鳴らして伝えてた。

なんだか懐かしくてあったかい昔の日本の風景を、
大好きなアフリカに感じるの。

ほ~んと、よく聞かれるんだけどね、

なんでアフリカン?』って。

じゃあ逆に、

あの人はなんでジャズ?
あの人はなんでレゲエで、
なんでヒップホップ?
なんでクラシック?

好きな理由はそれぞれあるよね。
歴史やら仕組みやら関係性やらなんやかんや
突っ込んで音楽をやる必要はないと思うの。

こうじゃないといけない!とかじゃなくて、

音を楽しむって原点を、
私は絶対忘れたくないし、
気持ちが溢れた時に自然に出てくる、
そんな生活と一体化した音楽をやっていたい。

なにより、
みんなで一緒に声を揃えて歌うコトが一番楽しいしね☆

コーラスから作り始める作曲癖は、
楽しさ第一だからかもな~(笑)

その点をとると、
モー娘やAKBやらは、
大勢で歌って盛り上がる、ある意味アフリカンやなーと思ったり(笑)

アフリカンジャパニーズポップス③

2011-08-24

よく言われることその2。

『アフリカへは行かないの?』

そりゃあもう、時間とお金があれば、
大好きなアフリカにいつでも行ってみたい気持ちでいる。

私はスワヒリ語の言葉の響きが好き。
だから最近勉強中なの。
独学だし、なかなか進まないけど頑張って覚えていく!

いつかセレンゲティーを朗々と歩く象がみたい。
赤ちゃんの頃、私が初めてしゃべった言葉は

「象さん。」

だって♪

木を描けば知らずにバオバブを、
動物は動物、とくに鳥ばっかり描いてたみたい。

ゲレゲレっていうアフリカ独特の掛け声も、
一歳にして知らずにやってたという奇跡。

だからね、
小さい頃から出会う運命だったと思うんだ~♪
アフリカには。

時期がくればきっと、
アフリカの大地を踏み締めてるんだと思う。

ほーんと、言葉だけじゃなくて、
アフリカの歴史や生活、まだまだ勉強中だけどね。

いつか、J-Pop好きのたくさんの日本人に、
アフリカには素晴らしい音楽がたくさんあるってことを知ってもらいたいな~。

でも、私はどっぷりアフリカンはやらない

だって、やっぱりアフリカ音楽は、
アフリカ人がやるのが一番カッコイイと思うからね。

その間で、
懸け橋みたいな存在になりたいな~

日本人に受け入れてもらいやすいPopsに、
ほんのりほんのり、アフリカのニオイをさせながら。
少しづつ、アフリカに興味を持つ人が増えたらな~。

そしたら、きっといつかはアフリカには観光客も増えて、
貧困な村は豊かになってきて、
病院だってたくさんできて、
怖い病気から助かる人も増えてくるんだ

孤児院だってたくさんできて、
子供達が、毎日ゴハンを食べれる日がくるんだ

簡単に書いちゃったけど、
簡単なことじゃないってっわかってる。

なんせ、
音楽で世界に平和をなんて、
あのマイケルジャクソンがやろうとしてたことだからなあ。。。

私は、自分のペースで、
輪を広げて、みんなが手を繋げる音楽をやり続けます。

日本に、アフリカンジャパニーズポップスというジャンルがもしも出来たら、

私の夢は1つ叶う♪

FMあやべへ行ってきました☆

2011-08-18

ギタリスト井野さんの紹介で
FMあやべへ行ってきました!

まず腹ごしらえに入ったのは

『ゆらり』

ゆら川の見える室内でゆっくり和食をいただきました。

サイコー!

お茶をゆっくりすする、ちゃんはるa.k.aさかいはるな☆

突然の大雨に大興奮しながら

着いたころにはすっかり晴れて

ミニライブも楽しくさせていただき

あったかいあやべのDJさん達とみんなでしゃべって

記念に写真も撮っていただきました☆

帰り道

突然思い立って

釣りすることに。

まずは釣具を購入しにレッツゴーなiycoバンド☆

そして一番安い釣りセットをゲットして

次に場所探し!

大自然が気持ちいい~!

ここではちょっと無理だと判断し

次へ。

車は草を掻き分け獣道へ突入。

窓に蜘蛛が落ちてきて

巣を作り始めました。

以前から井野さんはよくあやべで釣りをしてたんだって☆

私も釣りは得意なので

ドロリッチをかけて競争だ!

いい感じの場所を見つけたので

いざ!

釣り開始!

暗くてどうしようもありませんでした。

準備不足。

やっぱ思いつきはだめやな~と

改めて違う日に行くことにしました。

ちゃんちゃん。

大阪までの帰り道

ついに

あの

井野さんの中だけで有名な

心霊スポットを通ることに。。。

揺れる吊り橋

恐怖に怯える私たち

なにもありませんでした。

川が美しかった~♪

この場所であった不可解な出来事は

井野さんに直接聞いてみてください。

わあああ~(><)

次のページ »
Copyright(c) 2011 PAmoja All Rights Reserved.